ホームニュース試合日程・結果トップチームクラブ育成普及ホームタウン

アンテロープ写真館
アンテロープのフォトギャラリーです。

HFL

 

 

布山工務店

平成熱学

フィールドマシナリー

ニッコウ

 


いろは

ダイワ

 

美勢グループ

knt 松本支店

丸屋家具

伊藤園


石井新聞店


スポーツショップハマ

 

 

今日 :91
昨日 :1155
総計 :3931870
  
投稿者 : webstaff2 投稿日時: 2020-04-18 (600 ヒット)

新型コロナウィルス《COVID-19》の感染拡大・拡散防止に関する対策について、活動休止期間の延長をお知らせいたします。

全カテゴリーの活動休止期間を5月6日(水)まで延長します。

理由としては、緊急事態宣言が長野県にも拡大されたためです。

長野県の対応として、生活を維持するための必要最小限の外出については許可されましたが、「徹底した外出自粛」として、不要不急の外出については強く自粛を要請されました。
しかし、社会経済への打撃を最小限に留めるため、事業者への自粛要請はありません。つまり、人と人との接触がある社会活動は大きく変わりません。
感染リスクを減らすためには、私たち一人一人が不要不急の外出を控えるしか方法がないということで、そうであるならば、引き続き、「自分を守る」ため、「大切な人を守る」ため、そして「社会を守る」ため、自粛期間を延長することを決定しました。


<対象カテゴリー>

社会人チーム(北信越フットボールリーグ)
ジュニアユースチーム(県リーグ、中信リーグ、県U-13リーグ)
ジュニアチーム
女子チーム


<休止期間>

4月6日(月)〜5月6日(水)まで

※休止期間の延長については、緊急事態宣言後の状況により判断します。


<対外試合>

5月10日(日)まで行わない                        

※公式戦を含め、トレーニングマッチなど全ての対外試合が対象とします。また、宿泊の有無にかかわらず、県内・県外全ての遠征を行いません。


<臨時活動・グランド開放>

状況を見極めて判断


<活動再開>

状況を見極めて判断


投稿者 : webstaff2 投稿日時: 2020-04-11 (525 ヒット)

新型コロナウィルス《COVID-19》の感染拡大・拡散防止に関する対策について、活動休止期間の延長をお知らせいたします。

社会人チーム及びジュニアユースチームにおける、活動休止期間を4月19日(日)まで延長します。

理由としては、通勤・通学エリアの感染が拡大していること、それに伴い、テレワーク出勤・休校措置が出されたこと、また、国から7都府県に緊急事態宣言が出されたこと、さらに、隣接する県で独自の緊急事態宣言が出されたことによります。

非常に混乱が続く中ではありますが、引き続き、「自分を守る」ため、そして「大切な人を守る」ため、今に向き合い、今できることをやっていきたいと思います。


<対象カテゴリー>

社会人チーム(北信越フットボールリーグ)
ジュニアユースチーム(県リーグ、中信リーグ、県U-13リーグ)


<休止期間>

4月6日(月)〜19日(日)まで

休止期間は、今後も1週間ごとに判断します。
期間の延長については、地域の感染者数の増減によって判断します。


<対外試合>

5月6日(水)まで行わない                        

公式戦を含め、トレーニングマッチなど全ての対外試合が対象とします。
宿泊の有無にかかわらず、県内・県外全ての遠征を行いません。


<臨時活動・グランド開放>

地域の感染者数の状況で判断


<活動再開>

地域の感染者数の状況で判断


投稿者 : webstaff2 投稿日時: 2020-04-04 (552 ヒット)

新型コロナウィルス《COVID-19》の感染拡大・拡散防止に関する対策として、社会人チーム及びジュニアユースチームの活動を自粛します。

今回は、学校再開に伴う緊急措置となります。

3月2日からの一斉休校を含め、約1カ月間の休みが明けます。
学校が始まれば、子どもたちが動きます。
公共交通機関も、通学する生徒が戻ってくれば、この1カ月間とは様子が変わります。
元に戻るだけではありますが、本当に元に戻していいのでしょうか。

COVID-19の性質も少しずつ分かってきている中で、一番怖いのが、無症状の感染者から感染が拡大する可能性があるということです。

子どもの間で広まり → 家庭に持ち込み → 社会に広まり → 家庭に持ち込み → 学校に広まり → 子どもの間で広まり …

この構図だけは避けなければいけないと思い、今回の活動自粛の判断に至りました。

「自分を守る」ため、そして「大切な人を守る」ため、今に向き合い、今できることをやっていきたいと思います。


<対象カテゴリー>

社会人チーム(北信越フットボールリーグ)
ジュニアユースチーム(県リーグ、中信リーグ、県U-13リーグ)


<休止期間>

4月6日(月)〜12日(日)まで

休止期間は、1週間ごとに判断します。
期間の延長については、地域の感染者数の増減によって判断します。


<対外試合>

5月6日(水)まで行わない                        

公式戦を含め、トレーニングマッチなど全ての対外試合が対象とします。
宿泊の有無にかかわらず、県内・県外全ての遠征を行いません。


<臨時活動・グランド開放>

地域の感染者数の状況で判断


<活動再開>

地域の感染者数の状況で判断


投稿者 : webstaff2 投稿日時: 2020-03-17 (682 ヒット)

新型コロナウィルス《COVID-19》の感染拡大・拡散防止に関する対策として、アンテロープ塩尻は、3月2日〜3月15日までの約2週間の活動を自粛してきましたが、3月18日から少しずつではありますが活動を再開することを決めました。

しかし、政府からは自粛期間の延長が要請され、日本サッカー協会や長野県サッカー協会の事業については、原則として延期または中止とする期間が3月末まで延長されました。
これらのことからも、依然として収束する気配はなく、感染拡大には細心の注意と最大の防御をしなければならないことに変わりはありません。

ただ、私たちは見えない恐怖に怯えるのではなく、安心安全を確保し、選手やスタッフを見える形で守っていこうと考えております。
予断は許されない状況ではあり、感染拡大を食い止めるには、まだまだ多くの時間が費やされることと思いますが、まずは一歩前に進んでみようと思います。

<社会人チーム>
・トレーニングに関しては、感染予防対策を施した上で実施する。
・対外試合に関しては、規模を縮小し、また無観客にて実施する。
・長野県サッカー協会主催の大会については、主催者側の判断に委ねる。
・北信越フットボールリーグについては、主催者側の判断に委ねる。

<ジュニアユース>
・トレーニングに関しては、感染予防対策を施した上で、また、活動人数や時間などを考慮した上で実施する。
・対外試合に関しては、3月末までは原則実施しない。

<ジュニア、女子>
・感染予防対策を施した上で実施する。


投稿者 : webstaff2 投稿日時: 2020-03-02 (590 ヒット)

新型コロナウィルス《COVID-19》の感染拡大・拡散防止に関して、先週、政府の基本方針が示されました。

それにより、日本サッカー協会では、3月15日までの期間、JFAが関わる全ての会議、イベントなどについて開催の必要性を再検討し、原則として延期または中止とする、との対策が示されました。

同じく、長野県サッカー協会からも同様の対策が示されており、アンテロープ塩尻としましても、基本方針及び一斉休校への対応については、少ない時間の中で各方面と調整を取りつつ検討を重ねてまいりました。

そこで、アンテロープ塩尻としましては、以下のような対策をとることで決定しましたのでお知らせいたします。

また、今後の状況により自粛期間の延長が生じる場合は、改めて報告させていただきます。


≪COVID-19の感染拡大・拡散防止に関するアンテロープ塩尻の対策≫

基本方針:3月2日〜3月15日までの期間、アンテロープ塩尻の活動を自粛する

ただし、各カテゴリーで実情が異なるので、それぞれの現時点での活動に関しては以下に記します。

<社会人チーム>
・トレーニングに関しては、感染予防対策を施した上で、また、日数や時間を減じた上で実施
・対外試合に関しては、規模を縮小し、また無観客にて実施
・長野県サッカー協会主催の大会については、主催者側の判断に委ねる
・北信越フットボールリーグについては、主催者側の判断に委ねる。

<ジュニアユース>
・選手の体力面への対応として、自主トレなどを奨励する
・選手の精神面への対応として、臨時活動などを検討する

<ジュニア、女子>
・3月9日以降については、県内の感染者数の推移を考慮し、規模縮小の活動を検討する


« 1 2 (3) 4 5 6 ... 87 »

 

 

 

お問い合わせ | リンク
copyright ANTELOPE SHIOJIRI 2007-2009